なまけ者の条文素読帳

世界に一つだけのテーマ別のマイ六法。条文の素読から始めるシンプルな法学入門。最速で読んで理解する(素読用条文)付。

犯罪捜査規範

「取調べ等の録音・録画」(読み直し版)

ireadlaw.hatenablog.com ・以下は、同一テーマの読み直し版となります。 ☆取調べ等の録音・録画とは「取調べ又は弁解の機会における被疑者の供述及びその状況を録音及び録画を同時に行う方法により記録媒体に記録すること」(犯罪捜査規範・第百八十二条の…

「犯罪捜査規範と女子」

☆(関連記事)「刑事訴訟法と女子」。 〇犯罪捜査規範(昭和三十二年国家公安委員会規則第二号) ・第百七条(女子の任意の身体検査の禁止)・第百四十三条(立会い)・第百四十九条(捜索調書) (女子の任意の身体検査の禁止)第百七条 女子の任意の身体検…

「取調べ等の録音・録画」

☆取調べ等の録音・録画とは「取調べ又は弁解の機会における被疑者の供述及びその状況を録音及び録画を同時に行う方法により記録媒体に記録すること」(犯罪捜査規範・第百八十二条の三第一項)。 〇刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号) 第三百一条の…

「犯罪現場」

☆「現場の保存に当つては、できる限り現場を犯罪の行われた際の状況のまま保存するように努め」(犯罪捜査規範・第八十六条第一項)。 〇犯罪捜査規範(昭和三十二年国家公安委員会規則第二号) ・第八十四条(現場臨検)・第八十五条(現場における負傷者の…

「捜査の心構え」

☆「捜査を行うに当たつては、被害者又はその親族(以下この節において「被害者等」という。)の心情を理解し、その人格を尊重しなければならない」(犯罪捜査規範・第十条の二第一項)。 〇犯罪捜査規範(昭和三十二年国家公安委員会規則第二号) ・第一条(…

「告訴と告発」

☆「犯罪により害を被つた者は、告訴をすることができる」(刑事訴訟法・第二百三十条)、 「何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる」(刑事訴訟法・第二百三十九条第一項)。 〇刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号) ・第二…

「供述の任意性」

☆「強制、拷問若しくは脅迫」(日本国憲法・第三十八条第二項)、「強制、拷問又は脅迫」(刑事訴訟法・第三百十九条第一項)、「強制、拷問、脅迫その他供述の任意性について疑念をいだかれるような方法」(犯罪捜査規範・第百六十八条第一項)。大事なこと…

「供述調書」

☆「増減変更の申立」(刑事訴訟法・第百九十八条第四項)→「増減変更を申し立てる機会」(犯罪捜査規範・第百七十九条第二項)。 〇刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号) 第百九十八条 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、犯罪の捜査をするについ…