なまけ者の条文素読帳

世界に一つだけのテーマ別のマイ六法。条文の素読から始めるシンプルな法学入門。最速で読んで理解する(素読用条文)付。

「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震」

Q.以下の3つの括弧内に入る語句は? ヒントは、順に「〇〇半島」「〇〇海岸」「〇〇島」。 

  日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震とは「(      )の東方沖から(      )の東方沖を経て(     )の東方沖までの日本海溝及び千島海溝並びにその周辺の地域における地殻の境界又はその内部を震源とする大規模な地震」(日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法・第二条第一項)をいう。

 

日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法(平成十六年法律第二十七号)

 

・第一条(目的)
・第二条(定義)

 

(目的)
第一条

  この法律は、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震による災害から国民の生命、身体及び財産を保護するため、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進地域の指定、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進基本計画等の作成、地震観測施設等の整備、地震防災上緊急に整備すべき施設等の整備等について特別の措置を定めることにより、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進を図ることを目的とする。

 

素読用条文)


(目的)
第一条

  この法律は、
   ↓
  日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震による災害から国民の生命、身体及び財産を保護するため
   ↓
  日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進地域の指定、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進基本計画等の作成、地震観測施設等の整備、地震防災上緊急に整備すべき施設等の整備等について特別の措置を定めることにより、
   ↓
  日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進を図ること
   ↓
  を目的とする。

 


(定義)
第二条

  この法律において「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震」とは、房総半島の東方沖から三陸海岸の東方沖を経て択捉島の東方沖までの日本海溝及び千島海溝並びにその周辺の地域における地殻の境界又はその内部を震源とする大規模な地震をいう。

2 この法律において「地震災害」とは、地震動により直接に生ずる被害及びこれに伴い発生する津波、火事、爆発その他の異常な現象により生ずる被害をいう。

3 この法律において「地震防災」とは、地震災害の発生の防止又は地震災害が発生した場合における被害の軽減をあらかじめ図ることをいう。

 

素読用条文)


(定義)
第二条

  この法律において
   ↓
  「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震」とは、
   ↓
  房総半島の東方沖から三陸海岸の東方沖を経て択捉島の東方沖までの日本海溝及び千島海溝並びにその周辺の地域における地殻の境界又はその内部を震源とする大規模な地震をいう。

2 この法律において
   ↓
  「地震災害」とは、
   ↓
  地震動により直接に生ずる被害及びこれに伴い発生する津波、火事、爆発その他の異常な現象により生ずる被害をいう。

3 この法律において
   ↓
  「地震防災」とは、
   ↓
  地震災害の発生の防止又は地震災害が発生した場合における被害の軽減をあらかじめ図ることをいう。

 


日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法=平成二十九年四月一日現在・施行)

以上